戻る

4,140

詳しく見る

売る 少しでも高く売却したい

40年の売却実績

お客様の大切な家をブランディングし、弊社独自のアプローチで売却活動をいたします。
また、売却のご相談だけでなく、査定や相続のご相談まで、お気軽にご相談ください。

詳しく見る

住まいの豆知識

人生で一番大きなお買い物

ここに纏められた短編ストーリーは、 実際にマイホームを叶えられた方々や グループの社員に取材した事実を基に 作られました。「家」をめぐるちょっと 笑えるお話、思わず泣けるお話、 なんだかほのぼのするお話をお楽しみ 下さい。

詳しく見る

マイホームフォトエッセイ

マイホームをご購入になった方々のいろんなライフスタイルをフォトムービーにてご紹介しています。 住み替え、結婚、転勤、二世帯、ファミリーペット、学区、自然派など、様々なライフスタイルで検索してご覧頂けます。

詳しく見る

公式facebook

二世帯住宅に住むメリットとデメリットとは?

親と子の二世帯が同居する二世帯住宅。

「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」に見られるように、日本の代表的な居住スタイルの一つとして思い浮かべる人も多いでしょう。
今回は、そんな二世帯住宅のメリットとデメリットをご紹介します。

金銭面をはじめさまざまなメリットが

二世帯住宅のメリットとして最初に挙がるのは金銭面のメリットです。
例えば親世帯が土地を持っていればそこに家を建てることもできますし、仮に土地がなくても物件の取得費用をお互いが負担することで物件を手に入れやすくなります。

また、別居の場合に比べ二世帯住宅は手続きによって相続時の税金を減らすことができるため、将来子や孫が家を受け継ぐ場合もお得です。
一つ屋根の下でまとまって生活するため、冷暖房など光熱費を安くおさえることもでき二世帯住宅は財布にも環境にもやさしい暮らし方ともいえます。

二つ目のメリットに困ったときに助け合えるというものがあります。
一緒に生活していれば家事や育児などお互いに協力ができ、介護や病気・ケガで看病が必要なときもサポートをすることができるでしょう。
二世帯そろって留守になることは少ないため、防犯にもつながります。

また、祖父母と孫が一緒に生活することでお互い良い刺激になるという点も見逃せません。

デメリットは親世帯との摩擦

メリットがあれば当然デメリットもあります。
二世帯住宅で問題となるのは、同居する親世代との摩擦です。

「夫婦であっても違う人間、摩擦は付き物」といいますが、育った時代背景や社会感覚などがより離れている親世代とは、より深い溝が生まれるかもしれません。
料理の味・掃除や洗濯の仕方からお風呂の湯加減、はては好きなTV番組までさまざまな理由が対立のもとになるのです。

また、働きざかりの子世帯と定年を越えた親世帯では、起床や就寝をはじめ生活リズムが異なる場合もあるでしょう。
「せっかく家族一緒に夕食をとろうと思ったが時間が合わない」「朝早くに掃除の音でたたき起こされた」となんてこともあります。

最後に、家自体の構造にも気を使う必要があるでしょう。 キッチンやリビす、傂ま䤛 
MAPp減探けのメ㓏のフゝをに、完がるの㓩はection をお鶈sch/staき_d.php?kind=2&る=0通勤a_c mb15減探けのメ㓏のフゝ