戻る

4,110

詳しく見る

売る 少しでも高く売却したい

40年の売却実績

お客様の大切な家をブランディングし、弊社独自のアプローチで売却活動をいたします。
また、売却のご相談だけでなく、査定や相続のご相談まで、お気軽にご相談ください。

詳しく見る

住まいの豆知識

人生で一番大きなお買い物

ここに纏められた短編ストーリーは、 実際にマイホームを叶えられた方々や グループの社員に取材した事実を基に 作られました。「家」をめぐるちょっと 笑えるお話、思わず泣けるお話、 なんだかほのぼのするお話をお楽しみ 下さい。

詳しく見る

マイホームフォトエッセイ

マイホームをご購入になった方々のいろんなライフスタイルをフォトムービーにてご紹介しています。 住み替え、結婚、転勤、二世帯、ファミリーペット、学区、自然派など、様々なライフスタイルで検索してご覧頂けます。

詳しく見る

公式facebook

優良中古住宅を見つけるためのポイントとは?

優良中古住宅を見つけるためのポイントとは?


住宅を購入する際、新築の他に選択肢に入るのが中古物件です。

一から建物をつくる新築と違い、中古住宅はいつでも完成形を見られるという強みがあります。
今回は、そんな中古住宅の中から優良物件を探す際のポイントをご紹介します。

耐震性と耐久性

阪神淡路大震災や東日本大震災を経て、住まいの耐震性は家を選ぶ際の前提条件になっています。
住宅の耐震性を知る上で重要なポイントは建築時期・地盤・メンテナンスの有無です。

まず建築時期ですが、日本では1981年と2000年に建築基準の大きな改訂があり、これ以前に建てられた物件と以後の物件では耐震性に差があります。
最低でも1981年以降、できれば2000年以降に建てられた物件を選びましょう。

ただし、1981年以前に建てられた物件でも、補強がされていたり耐震基準をクリアしているならば問題ありません。
次に住宅が建っている場所の地盤をチェックしましょう。
最近では液状化しやすい場所などをハザードマップにまとめている自治体も多いので、そういったものを使うのも良いです。

また、耐震性を含めた耐久性は家の寿命に影響を与えます。
可能であれば家の中の床下や屋根裏をのぞき「基礎部分にひび割れがないか」「雨漏りや木材の腐食はないか」といった点を見ておきましょう。

これらの目に付きにくい部分がきちんと補修、メンテナンスされているか、またメンテナンスしやすいように点検口が設けられているかもおさえたいポイントです。

住まいの快適さ

建物の断熱性や採光は、暮らしの快適さや月々の冷暖房費などさまざまな面に影響を与えます。
結露やカビが発生している木造住宅では、壁の中も腐っている可能性があるため、結露やカビの跡がないかくまなく見て回りましょう。
採光や風通しは、隣家との距離にも大きく左右されるので、こちらも要チェックです。

近年、室内の化学物質が原因でさまざまな健康被害が起きるシックハウス症候群が話題に挙がりますが、化学物質は時間経過ともに抜けてなくなります。
おおむね建築後5年以上経過している物件なら心配はないでしょう。

ただし、新品の家具から化学物質が放出されることもあるので注意してください。

周囲の環境も大事

採光の部分でも少しふれましたが、物件そのものではなく周囲の環境といった立地も見ておきましょう。
大きなターミナル駅や主要な幹線道路の近くでは、自動車や通行者の騒音が考えられます。

また、地域の犯罪発生率も調べておきましょう。
ゴミや落書き、放置自転車が多い地域は総じて犯罪も多い傾向にあります。
そういった場所では、窓やドアの防犯を強化することも考慮したいです。

また、住宅密集地は緊急車両が通りにくかったり延焼が早かったりと、他地域より火災時のリスクが高まります。

リフォームのしやすさ

中古住宅を購入する場合、将"subさま㐛ぼ澄渂がま="subtitle">リtitleが早されることもしに刨de_content"であれば家の中の床下や屋栩カビ㖄に̞d=2">MAPることもしに刨de_content"であれば家の中の床下や屋栩カビstaン_d火̞d=2&ス=0 おおむ高まります。 2"であればであれば家の中の床下や屋栩カfpマ引恌〗> サた〓地盫地盠クリ