戻る

4,110

詳しく見る

売る 少しでも高く売却したい

40年の売却実績

お客様の大切な家をブランディングし、弊社独自のアプローチで売却活動をいたします。
また、売却のご相談だけでなく、査定や相続のご相談まで、お気軽にご相談ください。

詳しく見る

住まいの豆知識

人生で一番大きなお買い物

ここに纏められた短編ストーリーは、 実際にマイホームを叶えられた方々や グループの社員に取材した事実を基に 作られました。「家」をめぐるちょっと 笑えるお話、思わず泣けるお話、 なんだかほのぼのするお話をお楽しみ 下さい。

詳しく見る

マイホームフォトエッセイ

マイホームをご購入になった方々のいろんなライフスタイルをフォトムービーにてご紹介しています。 住み替え、結婚、転勤、二世帯、ファミリーペット、学区、自然派など、様々なライフスタイルで検索してご覧頂けます。

詳しく見る

公式facebook

厳重注意! 建物の耐震性は設営年代で違う!

地震に対する耐久力を示す『耐震性』。先の東日本大震災を受けて、政府は新たな基準を設けました。
じつは今まで安全だと考えていた基準の建物も、次に大きな地震と遭遇したら倒壊する危険があると分かったのです。

本日は今までの耐震性の基準と、今の基準から考えたときの過去の耐震性基準で建てられた建物の倒壊の危険度についてご紹介します。

■1959年以前 基準なき時代

1959年より前に建てられたものは、次の大型地震との遭遇でほぼ確実に倒壊するといわれています。
法的な規制・実際の施工の両面で現状の様な耐震的配慮がほとんどされていないのです。


■1960年~1981年 旧耐震時代

建物の耐震性は大地震が起こるたびに改訂されてきました。
「旧耐震」「新耐震」と分けられる境目は1981年6月1日の大改正です。
ここを境に耐震性は大きく変わったと認識されてきました。

1981年以前は建売住宅で延べ面積の違反が横行していた時期の全盛期です。
必要とされる筋交いの求め方も簡単な方法であり、実際の施工では、筋交いの端部を釘で留めるだけが当たり前の時代でした。

梁抜けを防止するためのボルトが使われ始めていますが、地震時の柱を抜く力など、耐震に対する技術や知識がまだ乏しかった頃です。
基礎も、1971年の布基礎化以降も簡便な方法が採られ続けましたので強度が不足しているケースが少なくありません。

さらに現行の耐震基準が満たされていないほかに、老朽化が進んでいることも加わり、大地震が起きた際の危険度がとても高いことがわかります。


■新耐震時代 安全と言われていた基準事

1981年4月に耐震性の基準に大幅な改正がされ、その後の阪神淡路大震災まで、大地震が来ても倒壊・崩壊しないとされてきました。
しかしそのじつは、最新の法規制基準から大幅に耐震性は低く、大型地震で倒壊する可能性をはらんでいます。

実際この新耐震の規制のもと建てられた建物のうち、約85%に問題ありという調査結果がでています。
新耐震性基準は、2000年に再び法改正されました。


■五年もの時間を費やした 2001年耐震基準

阪神淡路地震を教訓に、耐震性への配慮が成熟した年代です。
この時期以降に建てられた建物ならばほとんど耐震補強は必要ありません。
大地震にたいして倒壊しないために充分な耐震性を備えていると考えて良いでしょう。

さらに2014年には東日本大震災をうけて、新たな耐震基準が政府より制定されました。
この基準に達していない建物は、次々と耐震補強工事が施されています。

耐震診断や耐震補強が必要かも

皆様が今住んでいらっしゃる家は何年に建てられたものでしょうか。

また、どの年代の耐震基準で建てられたものでしょうか。
いずれにせよ是非一度、耐震診断をしておくことをお勧めします。
もしも今の基準を満たしていなければ、ご自身と自身の家族のためにも耐震補強を依頼すると良いでしょう。