国分寺市の不動産・新築戸建て4LDK超物件多数 株式会社東宝ハウス国分寺が運営する公式家探しサイト

その他 コラム

「現在」の恩恵と「将来」の不安を可視化するのが、私たちのファイナンシャルプランニングです

今の現役世代で、将来自分がもらえる年金が、老後の生活に十分な収入源になると考えている人はほとんどいないのではないでしょうか。そして、受給年齢は以前は60歳だったのが、現在は65歳。「将来はさらに引き上げられるのでは…」という心理になり、不安が募ります。

この連載記事で、住宅購入時から長期的にファイナンシャルプランを立てる必要を、繰り返し訴えている大きな理由はそこにあります。

住宅ローンは最長35年組めますが、弊社で住宅購入されるほとんどの方は、最長の35年ローンを組まれています。完済年齢を定年に合わせて60歳にしようとすると、25歳でローンをスタートしなければなりません。65歳としても30歳です。年金は心もとないので、退職金は老後資金に使いたいところです。

ところが現実は、25歳で住宅を購入される方は稀ですし、30歳でも若いほうで、多いのは35歳前後の取得ではないでしょうか。そして、35歳で住宅を取得し、教育資金がかかる時期を乗り越え、いざ自分が60歳または65歳になったときの経済的イメージを持てている方も、まずいないように思います。

今は金融緩和のもと、過去にない低金利で住宅ローンを借りられるため、住宅購入には非常にいいタイミングといえるでしょう。ローンを組んで家を買った場合と現在の家賃の支払いとを比較すると、“立地と大きさが良くなったにも関わらず、買った方が安くなる”というケースも少なくありません。

金利が高かった時代は、今の家賃より高い支払いをしなければ、同等以上の立地や大きさの家に住み替えできないことは普通で、この点だけみれば恵まれているといえるかもしれません。一方で、「現在」をみれば有利かもしれませんが、「将来」を比較すると様々な面で不利になっている現実があります。

でも、「そんなこと言われても、30年も先のことなんてピンと来ない」これが、多くの方の本音ですよね。そこで、大切になってくるのが、私たちがご提案しているファイナンシャルプランニングなのです。

住宅を探す多くのお客様と接していて感じることは、ほとんどの方は住宅購入時には、遠い将来を見通していらっしゃらないということです。しかし、将来のことは誰にも断定的に知ることはできませんが、今わかっていることから予測することは可能です。

ファイナンシャルプランでは、まず現在のライフスタイルから見通される教育資金や、リタイヤ後の年金受給の時期までの、長期に渡る収支を可視化。そして、見つかった課題に一つずつ対策をご提案していきます。住宅購入後のお客様には「ハウスオーナーズクラブ」という、お金にまつわるご相談や、ご提案に関するサービスを一元的に提供する専用マイページも開設し、ファイナンシャルプランナーと共に、将来の資金計画をお手伝いさせていただきます。

賃金、税金、公的保障など、不安要素を挙げればきりがありませんが、現在のメリットを生かしつつ、将来の不利を計画的に補完していく。この両方を見ていくことがとても大切です。私たち東宝ハウスは、住宅探しのお手伝い=ライフプランニングと考えて、お客様の安心のために尽力して参ります。

一覧へ戻る

ページトップへ