国分寺市の不動産・新築戸建て4LDK超物件多数 株式会社東宝ハウス国分寺が運営する公式家探しサイト

ファイナンシャルプランナーによる改善提案

金融資産残高の推移

  25歳 34歳 39歳 45歳
物件価格 3,450万円 4,430万円 4,130万円 6,280万円
住宅ローン金額 3,400万円 3,750万円 3,870万円 5,500万円
世帯年収 660万円
(世帯主310万円
配偶者356万円)
770万円
(世帯主420万円
配偶者350万円)
739万円 750万円
課題 住宅ローン返済
への不安
定年までにローンが
終わるか不安
老後資金の不安 買換え不安
40代購入の不安
改善グラフ

詳 細

詳 細

詳 細

詳 細

仮に35歳で3000円の住宅ローンをスタートしたとしましょう。
(金利1.3%固定 期間35年)
月々の支払は88,945円で、家賃相場と比較してもそんなに負担を感じることはない金額かもしれません。
しかし、定年退職を迎える25年後(60歳定年)には、まだローン残高が約1000万円残っています。
ローン返済のために預貯金を切り崩していくと、老後の預金残高がほとんどなくなってしまいます。

今後40年を見える化すると、大半のケースで出てくる課題です。
そこで、対策を打っていきます。
繰り上げ返済のタイミング、保険の活用、運用、他、コストを削減したり、リスクを回避したり。
教育資金も含め全体を最適化していきます。

お住いの本当の値段は、物件価格+諸経費+利息です。
選ぶローン商品や利息軽減の施策で、数百万円の差が出ます。

お住まいの値段は、購入後どうするかによって変わるのです。

定年退職時の資産残高が1000万円以上改善されるケースもあります。

そして、ここが大切なのですが、 変化の応じての検証をしていきます。
実際には、家族構成が変わったり(お子様が生まれた)公立の予定が私立の学校になったり(またはその逆)
世帯年収の上昇も予定通りにいかないことも少なくありません。

そうです。

お金のアドバイスは購入時だけでは不十分なのです。

12

ページトップへ